HDEメールアーカイブセットアップ(Office365)

本稿では、お客様のOffice365ドメイン環境においてHDEメールアーカイブが十分に機能するように適切にセットアップするための手順を案内しております。このセットアップが完了すると、HDEメールアーカイブの機能の使用が可能になります。

入力する値は、弊社が別途提供しております接続設定資料をご参照ください。

このセットアップは4章から成ります。

1) セットアップの必須条件

2) 接続フィルター設定
目的 – 初期設定のIP許可リストに弊社のメールサーバーのIPアドレスを追加します。

3) ジャーナルルール設定
目的 - 弊社のシステムが全てのメールをアーカイブできるようジャーナルルールを追加します。

 

(1) セットアップの必須条件

弊社にお客様のOffice365のジャーナルルールのスクリーンショットを提出していただきます。

弊社が必要とする情報は、お客様のOffice365環境に存在するジャーナルルールのリストです。セットアップの途中で設定の衝突が起こらないようにするために必要な情報となります。

「Office365管理者センター」から「Exchange管理者センター」に移動するために「管理者」->「Exchange」へと進みます。次に「コンプライアンス管理」->「ジャーナルルール」をクリックします。ジャーナルルールが設定されてる場合は、下記画面のスクリーンショットを撮って必ず弊社までお送りください。

 

スクリーンショットを撮っていただきましたら、弊社サポートスタッフにお問合せ下さい。その後スクリーンショットを提出して下さい。ジャーナルルールが存在せず空のリストが出てきた場合は次のステップにお進みください。

 

(2) 接続フィルター設定

(注意HDEメールセキュリティセットアップ(Office365)」を既に実施されていたらこのステップはスキップしてください)

ステップ1 「Exchange管理者センター」で「保護」->「接続フィルター」と移動し、下図のように編集ボタンをクリックします。

ステップ2 - 「編集」ボタンをクリックしたら、小さなウィンドウがポップアップします。「接続フィルター」に移動し、IP許可リストにIPアドレスを入力するために追加ボタンをクリックします。弊社のサーバーのIPアドレスは、「許可するIPアドレス」という名前で弊社が提供する接続設定のファイル内に記載されています。また、「セーフリストを有効にする」がチェックされているか確認してください。プロセスを完了するには「保存」をクリックします。

 

(3) ジャーナルルール

ステップ1 ジャーナルルール設定を始めるために「Office365管理者センター」にログインし、お客様のOffice365環境に新しくコンタクト情報を追加するため「連絡先」の追加ボタンをクリックします。

ステップ2 - 下記情報に従い新しい連絡先を作成します。

ディスプレイ名:NDRもしくは任意の名前

Eメールアドレス:ndr@journal.hdemail.jp

ステップ3 「Exchange管理者センター」にログインし、「コンプライアンス管理」->「ジャーナルルール」->「配信できないジャーナルレポートの送信先」の「アドレス選択」へと移動します。

 

ステップ4 - 新しく作成した連絡先「NDR」を選択するため、「参照」をクリックします。

  

検索しコンタクト「NDR」を選択します。

ステップ5 - 「ジャーナルルール」画面で新しいジャーナルルールを作成するために追加ボタンをクリックします。

(注意 特定のメンバー/グループから送られたメールを転送したい場合は特定のメンバー/グループから送られたメールをアーカイブするためにはOffice365をどうセットアップすれば良いでしょうか?のステップ7以降をご覧ください。)

ステップ6 - システムよりジャーナルレポートを送信するメールアドレスを入力してください。メールアドレスは弊社が提供した接続設定資料に記載しております。このアドレスのサンプルは「yourdomain@j01.hdems.com」です。任意の名称か以下の推奨名を入力してください。下図のように「すべてのメッセージに適用」と「すべてのメッセージ」を選択してください。

ステップ7 - 弊社が提供した接続設定資料に記載のある異なるメールアドレスで同じ手順を繰り返してください。:yourdomain@j02.hdems.com

このステップが完了すればOffice365用HDEメールアーカイブのセットアップは全て終了です。

Powered by Zendesk